住宅ローンの見直し

 

2014年4月からの消費税の増税により、増税前に住宅購入を考えている方が多いといいます。住宅の購入は、一生の中で最も高額な買い物であるため、少しでも出費を抑えたいと考えるでしょう。既に住宅購入している場合は、長期のローンを組んでおり、ローンの借り入れ後はなかなか見直しをしないことが多いといいます。バブル以前に比べると、ここしばらく低金利が続いています。そんな中、金融機関の住宅ローン借り換えの広告をよく見聞きします。それぞれ金融機関によって金利の違いはありますが、年々競争によって低金利商品があり、最初に組んだローン金利より低い金利やお得な金利商品が増えています。長い期間の返済金額を考えると、できる限り低い金利で住宅ローンを利用したいものです。これから景気が上向きになるとすれば良い事ですが、景気が上向きになってくるとローン金利も上がる事になります。金利が上がる前に住宅ローンの見直しを考える人も多いのではないでしょうか。2013年10月の変動金利は、0.7%や0.9%といったようにかなり低金利となっています。もちろん、金融機関によって金利は様々です。ローンを借り換えすることで、返済総額を減らせるように確かな金利商品を選ぶことが必要になってきます。これからの金利変動を予測することは大変難しいですが、現在はかなり低い金利となっているので、住宅ローンの見直しをする事も良い時期なのかもしれませんが、事前に知識を身につけて計画的に行うことが必要です。